社員03 Staff



staffdetail_img012

管理本部

システム管理部

比留川 真純


会社の理念が自分の志と同じ。だから働いてみたいと思った。

学校に来ていた求人の中からMOAを見つけて、説明会へ行きました。売り上げが伸びて急成長している会社であることはもちろん、会社の理念「必要とされること。」にすごく惹かれたんです。私自身、仕事をしていく上で人に必要とされたいと思っていたので、まさにぴったりだと思いました。また、面接をしてくださった部長さんたちがみんないい人で。こういう上司がいるところで働いてみたいと思って、入社を決めました。


快適な社内業務を支えるツール作成から売り上げを支えるサーバー運用まで。

主な業務は3つです。まずは各部署が快適に業務を行なえるよう社内ツールの作成。日々の売り上げを集計したり、商品ごとの赤字・黒字を見える化したり、といった業務です。2つ目はいわゆるヘルプデスクです。パソコンの調子や注文データがおかしいといった社内の問い合わせ対応ですね。3つ目が社内サーバーの構築や運用・監視。サーバーが正常に稼働しているかどうかの状況確認です。サーバーのダウンは売り上げに直結するので緊張感のある業務のひとつです。



staffdetail_img13

プログラムも人に使ってもらうためだから、言葉をかけてもらえると嬉しい。


staffdetail_img14.jpg

やりがいは同僚や上司など色々な人から言葉をかけてもらえたとき。社内向けの業務支援ツールを作ったり、新入社員のためのパソコンを準備したり、といった仕事を通じてありがとうと言われること、多いんですよ。一方で社内でどういうツールが欲しいかヒアリングするのですが、相手はエンジニアではないですから、共通言語はないに等しい状態。だから意図を汲み取るのが大変だったりします。出来上がってみたら違うといわれることも…。だから完成して使ってもらって「業務の効率が上がった」なんて声を聴くとやりがいを感じます。


自分のスキル向上も忘れずに
どんどん挑戦を。

丸2年仕事をしてきた中で何度か失敗はしていますが、MOAは失敗に寛容な会社。失敗してもいいからどんどん挑戦しろって言ってくれる。売り上げにつながるからやろう!とか、みんな厳しくてもチャレンジしていっちゃう環境です(笑)。上司との距離も近いから、和気あいあいと仕事ができますしね。その中で、まずは複雑な自社のシステムを細部まで理解していきたいです。あとはツールの開発をしていて、私が作ったツールを社長が使うこともあります。やっぱりプログラミングスキルは向上させていきたいですね。



staffdetail_img010