社員01 Staff



staffdetail_img02

営業本部

海外事業部
申 国星

自分の中でガラリと変わったインターネット通販業界の魅力。

就職活動中にMOAの採用情報に触れたのがきっかけで、インターネット通販業界を知りました。それまでネット通販というと、商品を登録してお客様に販売しているだけというイメージでした。でもMOAで仕事の説明を受けていくうちに、法人への卸販売や旅行などの新規事業もしているとわかって、イメージが変わったんです。また、インターネットそのものが業界的にも成長していて、将来性も十分。これからますます伸びていく会社だと感じ、入社を決めました。


自分の強みを存分に生かせるポジションで
中国企業を相手に家電から日用品までを販売。

法人向けに家電製品からカメラやパソコン、日用品、生活雑貨などを卸しています。お客様は中国企業が多く、自分が中国人であること、中国語が扱えることを十分に発揮できる仕事です。出社して最初に行なうのは、昨日入荷した商品や定期的に入荷している商品をピックアップして、お客様へご案内していくこと。その後は時間の区切りなどはないので、お客様の状況に合わせて対応していきます。引き続きピックアップリストを見ながら商品を案内しつつ、逆にお客様からの要望をヒアリングして商品を販売したりもしています。

staffdetail_img03


ヒット商品の裏の仕掛け人。
Win-Winの卸関係を気づく商品を見抜く目。

staffdetail_img04.jpg

お客様の取り扱いがない商品で今後売れそうなものは、ネットで情報を調べながら積極的に提案をしていきます。その中で、当初の売れ行きが50~100万円程度だったものが、最終的に1000万円を超えるヒット商品になったときは、非常にやりがいを感じました。またお客様にアプローチし続けて全然反応がなかった商品でも、たった1社が興味を持って販売したら、爆発的に売れて仕入れ数が200から2500に増えたときもありましたね。お客様から「売れて儲かってます」って話を聞くと特に嬉しいです。


失敗から生み出せるアイデアが
グローバル市場への布石。

膨大な数の商品から、どれが黒字になるのかは販売してみなければ正直わかりません。自分が提案した商品でお客様が赤字になってしまったこともあります。そのときは想定外で落ち込みました。でもMOAは失敗OKの会社。次も同じ失敗をしないよう、上司からアドバイスももらえます。やりたいと言えばやらせてもらえる環境。だから今後は、まだ認知度の高くない商品を販売しながら成長させて利益を生み出すこともやっていきたい。また東南アジアや香港などの新しい市場を開拓し、いち早く世界の市場情報をキャッチしていきたいですね。

staffdetail_img5